パソコン、スマホ、イヤホン、スピーカー等々自称ガジェットマニアによるブログ。

ガジェットマニアの日記

iPhone

iPhoneのバックアップ方法とは?できない場合の原因や対処法についても解説

更新日:

iPhoneをバックアップして、大切な情報のコピーをiCloudやパソコンに保存しておけば、デバイスを紛失したり損傷したりしても安心です。しかし、様々な理由で、バックアップが上手くいかない場合があります。

本記事では、iPhoneをバックアップする方法をご紹介し、バックアップできない場合の原因や対処法についても徹底解説します。

iPhoneのバックアップ方法は2つ

iPhoneのバックアップ方法は、以下の2種類から選択可能です。

①iCloud

②パソコン(iTunes)

それぞれのバックアップ方法について説明していきます。

①iCloudにバックアップする方法

「設定」→「[ユーザー名]」→「iCloud」→「iCloud バックアップ」と選択していきましょう。「iCloud バックアップ」をオンにしておけば、毎日、iPhoneのバックアップがiCloudに自動的に作成されます。ただし、以下の条件をすべて満たしたタイミングで実行される点にご留意ください。

・電源に接続されている

・Wi-Fiに接続されている

・ロックされている

なお、「今すぐバックアップ」をタップすれば、手動でバックアップを実行できます。

パソコンを使ってバックアップする方法

パソコン(MacやWindows)を使って、iTunesにバックアップすることも可能です。手順は以下のようになります。

(1)ケーブルでiPhoneとパソコンを接続する(Wi-Fi同期を設定している場合はワイヤレス接続も可能)

(2)macOS 10.15以降の場合はFinderのサイドバーで「iPhone」を選択(それ以前のバージョンのmacOSやWindowsの場合は、iTunesウィンドウ左上の「iPhoneボタン」をクリック)

(3)Finderウィンドウ上部にある「一般」(または、iPhoneボタンを押すと出てくるメニューの中から「概要」)をクリック

(4)「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」(Finderの場合)を選択し、「今すぐバックアップ」をクリック

バックアップデータを暗号化してパスワードで保護したい場合は、「ローカルのバックアップを暗号化」または「<デバイス>のバックアップを暗号化」をお選びください。

iPhoneをバックアップできない原因と対処法

しばしば、iPhoneのバックアップが失敗することがあります。バックアップできない原因を挙げると、以下のようになります。

・iCloudの容量が足りない

・ネットワークに問題が生じている

・Appleのシステムに障害が発生している

・iTunesのバージョンが古い

・セキュリティソフトの不具合

・iPhoneが故障している

空き容量が少なくなってる場合は、不要なデータを削除したり、課金してストレージ容量を増やしたりしましょう。また、バックアップするアプリを絞り込んで、空き容量に収まるように調整することも可能です。空き容量は、「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」から確認できます。

iCloudの容量が足りていても、ネットワーク障害が発生していたり、Appleのサーバーやシステムに障害が発生していたりすると、バックアップを行えないケースがあります。利用している携帯電話会社やプロバイダの障害情報・メンテナンス情報を確認したり、Apple公式サイト内の「システム状況」のページをチェックしたりしてください。障害が発生している場合は、復旧を待ちましょう。

iTunesのバージョンが古いことが原因でバックアップができないこともあります。最新バージョンにアップデートしましょう。そのほか、セキュリティソフトの不具合が原因のケースもあるので、一時的に停止したり、他のセキュリティソフトに乗り換えたりすることもご検討ください。

ここまで紹介してきた対処法を試してもバックアップできない場合は、iPhoneが故障している可能性があります。故障が疑われる場合は、修理に出しましょう。

iPhoneの故障が疑われる場合は修理や買い替えを検討

iPhoneの端末が故障していることが原因でバックアップできないことがあります。故障が疑われる場合は、Apple Storeやアップル正規サービスプロバイダ、修理業者に持ち込んで交換・修理をしてもらいましょう。

非正規店に修理を依頼する場合は、総務省に「登録修理業者」として登録されているかどうかをご確認ください。登録業者なら、安心して端末を預けることができます。なお、「一般社団法人携帯端末登録修理協議会」は、個人情報の漏洩防止策について提言を行っています。信頼できる業者を探したい方は、協議会への加盟の有無も併せてチェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、最新のiPhoneは古い機種よりも性能が向上しており、快適に利用できます。修理代金が高額になる場合は、買い替えることもご検討ください。

-iPhone

Copyright© ガジェットマニアの日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.