パソコン、スマホ、イヤホン、スピーカー等々自称ガジェットマニアによるブログ。

ガジェットマニアの日記

比較

iPhoneとアンドロイドのどっちを購入すべき?機種変更をする際の注意点も

更新日:

長期間、携帯電話ショップの店員や家族・友人などにすすめられたスマートフォンをなんとなく使い続けていた方も、紛失したり、故障したり、スペックが陳腐化したりして、いずれは買い替えなければならない時期が到来します。また、中には従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)からスマートフォンへ乗り換える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、新しい端末を購入するために携帯電話ショップや家電量販店を訪問したり、オンラインショップを閲覧したりしても、2種類のスマートフォン(iPhoneおよびアンドロイド)が存在するため、「どっちを選べば良いのだろうか」と悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

iPhoneとアンドロイドは、開発している企業が異なり、OSや機能にさまざまな違いがあります。なんとなく決めるのではなく、特徴を把握した上でご自身に適したものを選択しましょう。本記事では、iPhoneとアンドロイドの特徴をご紹介し、機種変更をする際の注意点も解説します。

iPhoneとアンドロイドの特徴を徹底比較

下表に、iPhoneおよびアンドロイドの特徴をまとめました。なお、一般的な特徴であり、機種によっては異なる可能性があるので、購入する前に公式サイトで詳しいスペックをご確認ください。

スマートフォンの種類 特徴
iPhone ・Appleが開発したスマートフォンであり、OSとして「iOS」を使用 ・iOSは頻繁にアップデートが実施されており、セキュリティが高い ・Appleの製品・サービス(iPad、Apple Watchなど)と連携できる ・説明書に目を通さなくても直感的に使える ・タッチレスポンスの感度が良く、操作が快適 ・日本市場において高いシェアを占めている ・SDカードを挿し込めないため、iCloudなどにデータを保存しなければならない ・優れた顔認証システムが搭載 ・充電器などにLightningケーブルを使用
アンドロイド ・Googleが開発したスマートフォンであり、OSとして「Android」を使用 ・Googleが提供しているサービスと連携しやすい ・さまざまなメーカーから、多種多様な端末が販売されている(安価な端末も選びやすい) ・世界市場において高いシェアを占めている ・SDカードを挿し込める(インターネットに接続できない環境でも、カメラで撮影した大量の写真・動画データをSDカードの中に保存できる) ・最近の端末は、USB Type-Cケーブルに対応しているものが多い

さまざまな違いがあるので、どちらが向いているのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。以下、どのような人がiPhoneまたはアンドロイドに向いているのかを説明します。

iPhoneのほうが向いている人

iPhoneは日本における市場占有率が高いため、操作方法などがわからなくても知人や友人、家族などに教えてもらうことが簡単です。また、端末の種類が少なく、同じ仕様の製品を使用している人が多数存在し、誰かがSNSなどでトラブルを報告していることがあります。そのため、トラブルが発生した際に、インターネット上で検索して解決策を見出すことも容易です。

「みんなと同じものが良い」「操作方法やトラブルの解決手段をネットで簡単に知りたい」「セキュリティ面で安心できるスマートフォンを使いたい」という方は、iPhoneを選択しましょう。

アンドロイドのほうが向いている人

アンドロイド端末はさまざまな企業から販売されており、廉価な製品を選ぶことも可能です。ただし、機種によって細かい仕様が異なるため、利用者が少ない機種の場合、トラブルが発生した際に解決方法を探すのに苦労するかもしれません。

なお、世界的にはアンドロイドの方が高いシェアを占めているので、英語で検索すると情報を入手できることもあります。ITやデジタル機器に関する知識をある程度持っている方や、安い端末を選びたいという方にはアンドロイドをおすすめします。

機種変更をする際の注意点

機種変更をする際には、新しい端末にデータを移行しなければなりません。「iPhone→iPhone」や「アンドロイド→アンドロイド」の場合は、iCloudやGoogleドライブ(Googleバックアップ)を使うことで簡単にデータを移行できます。

また、iPhoneからGoogleドライブにデータをバックアップすることも可能なので、「iPhone→アンドロイド」に機種変更する際に利用しましょう。さらに、Google Playから「iOS に移行」というアプリをダウンロード・インストールすれば、アンドロイド端末からiPhoneへのデータ移行も行えることを覚えておくと良いでしょう。そのほか、携帯電話会社も独自のデータ移行サービスを提供しているので、それらを使うことも選択肢のひとつです。

ただし、中には一括移行できないデータも存在し、その場合は手作業で移行する必要があるという点にご留意ください。

-比較

Copyright© ガジェットマニアの日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.