パソコン、スマホ、イヤホン、スピーカー等々自称ガジェットマニアによるブログ。

ガジェットマニアの日記

iPhone

iPhone13シリーズのスペックとは?前作からの変更点や、最新機種のメリットについて

更新日:

2021年9月から、「iPhone13シリーズ」の販売が開始されました。iPhoneの購入や買い替えを検討している方は、iPhone13シリーズの性能について気になっているのではないでしょうか。

そこで本記事では、iPhone13シリーズのスペックや、前作(iPhone12シリーズ)からの変更点、最新機種を選ぶメリットを徹底解説いたします。

iPhone13シリーズのスペック

iPhone13シリーズには、「iPhone 13 mini」「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」という4種類のモデルが存在します。以下は、iPhone13シリーズの共通点です。

・プロセッサとして「A15 Bionic」を採用

・背面カメラとして12MPの広角および超広角の2つを搭載(Pro/Pro Maxについては、望遠を加えた3つのカメラ、および、LiDARスキャナも搭載)

・5Gに対応(Sub6のみサポート)

・デュアルSIMに対応

・内部ストレージの容量として128GB、256GB、512GBの3種類から選べる(Pro/Pro Maxについては、さらに1TBも加えた4種類から選択可能)

・Face IDの搭載(指紋認証には非対応)

下表に、モデルごとに異なる点をまとめました。

モデル 相違点
iPhone 13 mini ・5.4インチSuper Retina XDRディスプレイ ・バッテリーの持続時間(連続ビデオ再生時間):最大17時間 ・サイズ:64.2×131.5×7.65mm ・重量:140g
iPhone 13 ・6.1インチSuper Retina XDRディスプレイ ・バッテリーの持続時間(連続ビデオ再生時間):最大19時間 ・サイズ:71.5×146.7×7.65mm ・重量:173g
iPhone 13 Pro ・6.1インチProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ ・バッテリーの持続時間(連続ビデオ再生時間):最大22時間 ・サイズ:71.5×146.7×7.65mm ・重量:203g
iPhone 13 Pro Max ・6.7インチProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ ・バッテリーの持続時間(連続ビデオ再生時間):最大28時間 ・サイズ:78.1×160.8×7.65mm ・重量:238g

ちなみに、iPhone 12 Pro/Pro Maxと違って、iPhone 13 Pro/Pro Maxのカメラの機能差は殆どありません。また、iPhone 13 Pro/Pro Maxでは、1秒間に画面を最大120回書き換える「ProMotion」によって、滑らかな表示を実現しています。性能・特徴を比較し、ご自身に適したモデルをお選びください。

前作(iPhone12シリーズ)からの変更点

iPhone13シリーズは、前作と比べて様々な点で進化しています。まず、チップセットが「A14 Bionic」から「A15 Bionic」に変更されました。また、「センサーシフト光学式手ブレ補正機能」や「シネマティックモード」が標準搭載され、カメラのズームレンジも大きくなっています。

iPhone 13 Pro/Pro Maxでは、背面カメラ開口部およびユニット全体がiPhone 12 Pro/Pro Maxよりも大きくなりました。なお、iPhone 12では縦並びだった背面カメラの配置が、iPhone 13では斜めに配置されています。

そのほか、バッテリーの持続時間が延びているため、iPhone12シリーズよりも長い時間、連続で動画を再生可能です。ちなみに、iPhone12シリーズよりも、ディスプレイ上部のノッチ(切り欠き)が約20%小さくなり、画面の表示領域が大きくなりました。そして、iPhone13シリーズは、少しだけ厚みが増し、重くなっていることにご留意ください。

ところで、iPhone12シリーズでデュアルSIMを実現するには「nanoSIMとeSIM」という組み合わせにしなければなりませんでしたが、iPhone13シリーズでは「デュアルeSIM」も可能です。

最新機種のiPhone13シリーズを選ぶメリット

最新機種のiPhone13シリーズを選ぶメリットを挙げると、以下のようになります。

・高性能なCPUが搭載され、カメラ性能が向上し、バッテリー稼働時間も延びているので、ストレスなくゲームのプレイや動画撮影・鑑賞が可能

・メイン回線もサブ回線もeSIMで運用できる

・大容量の内部ストレージが搭載された端末を選択できる

iPhone 13/13 miniでは最大で512GB、Pro/Pro Maxでは最大で1TBの内部ストレージの端末が用意されています。容量が大きくなるほど価格も高くなるので、ご自身の予算との兼ね合いを考慮しつつ選びましょう。

-iPhone

Copyright© ガジェットマニアの日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.